その屋根塗装で大丈夫? | 愛知県名古屋市|(株)名北外装 ALCの外壁塗装
その屋根塗装で大丈夫?

 2019.10.11

その屋根塗装で大丈夫?

塗装してはいけない屋根の例

塗装してはいけない屋根の例

塗装してはいけない屋根の一つに、ニチハの「パミール」という屋根があります。「パミール」は、1996年から2008年にニチハより製造されたスレート屋根材です。
ニチハは窯業系サイディングで知られる最大手の外壁メーカーです。
施工後10年前後で不具合が見つかることの多い屋根で、テレビでも報道されました。塗装しても2,3年で屋根材そのものが剥がれ、結局葺き替え工事やカバー工事が必要になります。

こんな屋根にも要注意!

劣化が進んだ屋根

劣化が進んだ屋根

屋根の剥がれや割れ、変形が見られる屋根では、塗装しても長持ちさせることは困難です。目安として、屋根の劣化が目に見えて進んでいる場合や、過去に一度屋根塗装をしている場合には要注意です。

築25年以上の屋根

築15年以上の屋根

屋根材の下地には、ルーフィングと呼ばれる防水シートが張られています。このルーフィングが劣化していると、雨漏りの原因となります。ルーフィングは25年以上経過すると、経年劣化で雨漏りを起こします。

Point

屋根塗装を何度もして、最後に葺き替え工事をするのであれば、コストは高くなります。屋根のメンテナンスの際は、プロに見てもらい、カバー工法を採用することで、トータルコストが抑えられるのです。

屋根カバー工法のススメ!

カバー工法のススメ!

劣化が進んだ屋根には、塗装よりもカバー工法をオススメしています。カバー工法は、既存の屋根に、軽量の屋根をかぶせる工法ですが、葺き替えと比較してもデメリットは屋根が重くなるという点ですが、軽量のガルバリウム屋根などは非常に軽量で、デメリットにもなりません。低価格で、工期も早く、遮音性、断熱性も高まるカバー工法がオススメなのです!

防水工事・塗装工事の施工事例名古屋市の地域密着施工!
ご依頼ありがとうございました!

お客様の声地元密着で安心施工!

TOPに戻る