サイディング塗装の通気工法とはどんな特徴がある?解説します! | 愛知県名古屋市|(株)名北外装 外壁塗装 防水工事

新着情報

 2022.9.15

サイディング塗装の通気工法とはどんな特徴がある?解説します!

みなさんはサイディング塗装をするのにどのような方法が取れるのか、ご存じでしょうか。代表的な方法としては、通気工法と直張り工法の2つです。この記事ではそれぞれの概要と、通気工法のメリットとデメリットをご紹介します。サイディング塗装をお考えの方はぜひこの記事を参考にしてくださいね。

 

 

通気工法と直張り工法について解説します!

サイディングの取り付け方法には、通気工法と直張り工法の2つがあります。ここでは、この2つについて簡単に解説します。通気工法とは、外側からサイディング材、通気層、防水紙の順番の構造になっており、通気層が設けられることによって、湿気を外に排出し、結露を乾燥させることを実現しています。

 

一方、直張り工法はサイディングと防水紙の間に通気層が設けられていないため、中からサイディング材を腐食させてしまう恐れがあります。外壁塗装をする場合、これらの2つのどちらの方法を使うのかによって使用できる塗料が変わってきますので、慎重に検討してくださいね。

 

外壁通気工法のメリットとデメリットをご紹介!

外壁通気工法にはどのようなメリットがあるのでしょうか。代表的なメリットとしては、建物の耐久性を高めてくれる点が挙げられます。具体的には、壁と外壁の間に通気層を設け、外壁の外側に貼った透湿防水シートが湿気や水分を逃してくれるおかげで、防湿効果と防水効果の両方を期待できるのです。これによって住まいの耐久性が高まり、いつまでも快適に暮らせるようになります。

 

また、カビによる健康被害も防いでくれます。壁の中に湿気や水分が溜まってしまってもなかなか拭き取れませんよね。カビにとってそんな環境は、繁殖するのに最適なのです。カビが発生したまま放置していると、木材の奥深くまで繁殖し、簡単には除去できなくなっているでしょう。

 

次に外壁通気工法のデメリットをご紹介します。それは、外壁の強度が落ちてしまう点です。外壁と柱の間に通気層を設けることによって隙間ができ、その結果留め具の負担は大きくなってしまいます。地震や台風によって大きな衝撃を受けると、留め具が外れてしまう可能性があるのです。そのため、外壁の強度も考えた施工をする必要があります。

 

まとめ

通気工法と直張り工法の2つについて解説しました。
どのような違いがあるのか、どのようなメリットがあるのか知っていただけたでしょうか。今回の記事を参考に、満足のいく外壁塗装にしてくださいね。

防水工事・塗装工事の施工事例名古屋市の地域密着施工!
ご依頼ありがとうございました!

お客様の声地元密着で安心施工!

TOPに戻る